読んだだけでは無駄

「自分の経験に落とし込む」ということ

このサイトでもそうですが、私の基幹サイト「勉強すれば人生変わる」では、 引き寄せで人生変えようだの、 悟りや目覚めについてだの、 色々書いてきました。

その中で「自分の経験が大事」とか「本やサイトの内容を鵜呑みにするな」とか 散々書いてきましたが、一番大事なことなので、ここでも改めて書いておきます。

失敗する典型パターン

引き寄せでも受験でも何でもそうですが、 大体失敗するパターンというのは以下の通り。

本やサイトで目新しい考え方や概念を見つけて興奮する。 「凄いぞ!これで俺の人生が変わる!!」なんて思っちゃう。

本やPCから目を離すと、荒涼たる「現実」が広がっている。

数時間も経つと、本やサイトで読んだ内容や興奮なんて忘れて、今まで通りの反応や思考パターンで生きていく。 もしくは「何が何でも本の内容通りに実践しなきゃいけない!」なんていう強迫観念に囚われる。

こんな感じです。

要するに、人生を変える情報を、映画や小説やゲームとかと同じように、 暇潰しの道具としか思っておらず、「現実」において変えてみようとしないわけです。 でなければ、サイトや本を読んだ後に、虚しい現実なんか広がるわけがありません。 (潜◯意識ちゃんねるで慣れ合いをしている人間の多くは、大抵これ)

また、何が何でもサイトや本の通りに実践するというのも、 貴方と作者は別の人間であり、好き嫌い等の価値観も異なるなので、 そんなのは無理というものです。

そもそも、本やサイトの内容を鵜呑みにして「何としても変えなきゃ」なんて思っている人間の内面には、 まず自己否定があるので、いくら内面だの行動だの変えてもキリが無く、 結局「駄目な自分」のままなのであります。

対策

というわけで、失敗パターンが分かれば対策も立てられるってもんで、 私なりに立てた対策は以下の通り。

1.失敗パターンに気付く

何はともあれまずこれ。これをやらないとお話にならない。

「内容に興奮→本から目を離す→荒涼たる現実」なんていう、 エロ本みたいなパターンになっていることに自分自身で気付けるか、 「あっ!また失敗パターンを繰り返そうとしているなorしてしまったな」 ということが実感できるかどうか、ということです。

2.「自分の思い込みや価値観>>>>本の内容や著者の価値観」という真実に気付く

これは分かっていない人が多いのですが、 本やサイトを読む目的というのは、その内容を参考にして(栄養にして)、 自分の思い込みや価値観とを変えるためのものであります。

いわば、食事をとって身体を変化させるのと同じことであり、 それなのに著者の有名度や肩書等の目眩ましにあって、 本の内容を鵜呑みにしてそれに合わせようとするのは、 まるで米や卵や納豆に食べられてしまうのと同じくらい馬鹿げたことなのです。

あなたの人生に影響を及ぼすのは、本の内容や著者の価値観などではなく、 あくまであなた自身の、今のあなたの思い込みや価値観であるということが きちんと認識できているでしょうか。

これを認識できていないと、いくら良い本を読んでも 自分の価値観や思い込みが変化していないことに気付かず、 相変わらずのパターンを繰り返すことになるのです。

3.数をこなす

最後に、これらに気付けたら、その気付きを何度も繰り返すとか、 参考になる内容が書かれた本を何度も読むとか、 数をこなしていく以外に方法はありません。

やり方とかは2の次で、まずは数をこなすようにしましょう。 適当に数をこなしていたら本やサイトの内容みたいになる事例に遭遇するようになり、 自分の思い込みや価値観も変わっていきます。

※ちなみに、「一瞬で変わる」「◯日で変わる」なんていう本は、 まずインチキで内容もスカスカなのが多いので、あまり参考になりません。

以上、私なりの「自分の経験に落とす」「自分の現実に落とす」方法を書いてみましたが、 これはあくまで私の例なので、自分なりの方法を見つけてください。

長々書いていますが、要は「自分の経験に落とし込む」ということは、 まず本やモニタから離れた時の、あの虚しさが無くなるということで、 あとは本やサイトのコアを読み取り、自分の内面を体験を通して変えていくということございます。

内面世界で効果あったもの

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>