身体と思考

解説まとめ『ザ・マスターキー』第22章

前回の記事

22章です。 「波動の法則」なんて大層なサブタイですが、内容は思考と身体の関係、 思考が身体に及ぼす影響となっております。

ここは物質世界

「生命には、身体組織を組み立てる建設的活動と、いらないものを排出する破壊的活動があり、 病気になるのは破壊的活動がいきすぎるから」と前フリには書いてあり、

2には「健康状態が好ましくないなら自分の思考が破壊的になっていないか調べよ。 身体の状態には全ての思考が関わっている」と書いてあります。

これが「普段の状態」ならば、思考の状態を調べたりとかそんな暇もあるのですが、 瀕死の状態の時にこんなのは不可能でしょう。

瀕死でなくとも、以前にも書きましたが、満員電車の中で急な腹痛に襲われたりすると、 「自分の思考を調べる」云々なんてどこかへ吹き飛び、神に祈るより他できなくなります。

そんな極端な例は置いといて、こういうのを読んで「全ての病は自分の思考で治せるんだ!!」 などとやると、 何だかんだいってここは物質世界だし、某林檎の設立者みたいになるおそれがあるので、 ちょっとは医者の言うことも聞いた方が良いというのが私の考えです。

まあ、私が確信できるのは「病気が怖い、死ぬのが怖い」とビクビクして神経質になり、 食べ物を選んだり珍妙な健康法をやったり(しかも本当はやりたくないのに嫌々やっている!) している人間は病気になり、「死ぬのが何だってんでぃ!!」と ”心の底から”開き直っている人からは病気は去っていくということ。

要するに「病は気から」は正しいということで、私も視力を回復させたり、 風邪を治したり色々やってまいりました。 (参考記事:「私の視力が回復した顛末」 「フォースで風邪を治す」)

逆に、マクロビとか玄米食とかよく分からないのやっている方々の顔色が浅黒く、 思考も何かイッちゃってて、とても健康に見えないのは、つまりはそういうことなのでしょう。 (このサイトも人のこと言えないけど…イキますよ〜イクイク)

感情を押さえつけても無駄

というわけで、これ以上この章について書くことが無くなったのですが、 最後に、これは何度もサイトに書いていますが、 いくら「身体(結果)でなく思考や感情(原因)を変えろ」 といっても、思考や感情から逃げたり押さえつけても無駄だということです。

「現在の状況があるのはこの思考とこの感情が原因だな」程度には、 現在の思考と感情を認めること、嫌で仕方なくても認めるというステップが必要なのは 意識を変えていく上で当然のことなので、その辺のプロセスはきちんとやりましょう。

23章に続く>>

内面世界で効果あったもの

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>