パワーとは何だ

解説まとめ『ザ・マスターキー』第19章

前回の記事

19章です。

この章は前回に引き続いての「パワー」と、諸行無常について。

恐怖!精神病院

前フリで「恐れは(マイナス方向に)強力な思考形態なので、パワーの感覚を身に付けましょう」 などと書かれています。

以前どこかにも書きましたが、恐れや怒りというものの源は存在せず、 ただパワーが不足した状態なだけなので、それをパワーで満たしてやろう というわけです。

で、前回から書いているこの「パワー」、一体何なんだという話ですが、 「何でも良い」というのが本書および私の答え。

そもそも、あなたも私もパワーを持っていることに気付いているでしょうか。

パワーを持っていないと、身体が今の状態を保つことができず、細胞同士のつながりが切れて 身体や器官がグチャグチャになってしまうことが、理解および実感できるでしょうか。

というわけで、パワーが何なのか分からんけど、あまりあれこれ考えず、 物理的なパワーでも精神的なパワーでも何でも良いので、 とにかく「パワー」とやらを意識すれば良いんです。

続けていれば、パワーに満たされる感覚というのがどういうのか、 自然と身に付いてきます。

絶えず変化するもの

お次に5から12あたりまでは、

  • 宇宙意識(大いなる力)から無数のコントラストが生まれている
  • 生まれたコントラストは、全て宇宙意識の一部分
  • 善も悪もそれぞれが一部分、生も死もそれぞれが一部分
  • 物質的な状態は絶えず変化していくのみ、どれも一つの状態である
  • 動物、植物、そして人間の一生も、絶えず変化していく
  • その変化し続ける中で、変化しないものを実感する

みたいなことが書かれています。

この本だけじゃよく分からないと思うし、 この辺のことはガンガジのサイトに詳しく書かれているので、 興味のある方はご覧になれば良いと思います。

外部サイト:ガンガジとの対話

ただ覚えておいて欲しいのは、 そういう不変のものを実感できたからといって、 いつもキラキラハッピーライフ☆とか、 そういう頭の中で期待しているような下らないことには ならないということ。

ただこの辺のことが実感できれば、五感、特に視覚に あれこれ左右されることも少なくなります。

20章に続く>>

内面世界で効果あったもの

能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>